協会の歩み

九州マーチングバンド・バトントワーリング協会のあゆみ
1967年
(昭和42年)
  「日本パレードバンドアソシェーション」設立
1971年
(昭和46年)
  「日本マーチングバンド指導者協会」設立
1972年
(昭和47年)
  「全日本マーチングバンド連盟」
日本パレードバンドアソシェーション名称変更
1973年
(昭和48年)
  九州マーチングバンド指導者協会設立
1974年
(昭和49年)
  全国高等学校総合体育大会(公式行事)にバトントワリング参加
福岡県久留米市総合運動公園にて、      総合開会式で初めて選手入場の際、バトントワリングが先導を務める
1977年
(昭和52年)
1月 第1回全日本バトントワリング選手権大会九州予選開催
博多女子高等学校体育館 参加団体2団体
1978年
(昭和53年)
4月 「全日本バトントワリング九州連盟」発足
初代理事長 森 義臣 先生
1979年
(昭和54年)
  全日本マーチングバンド・バトントワリング連盟(名称変更)
1996年
(平成 8年)
  「全日本マーチングバンド・バトントワリング九州連盟」発足
バトントワリング九州連盟にマーチングバンドが加盟。連盟名称改名
2002年
(平成14年)
  日本スポーツバトン協会発足
全日本M&Bの下部組織として加盟
2003年
(平成15年)
  日本スポーツバトン協会が単一団体となる(全日本M&B連盟から分離独立)
九州8県、各県単位によるスポーツバトン協会発足
2004年
(平成16年)
  世界バトントワリング選手権大会、日本開催 (大阪市で)
本庄千穂選手(福岡、長沢裕美子バトン協会スタジオ所属)が、個人シニア部門で世界チャンピオンとなる
2005年
(平成17年)
6月 日本マーチングバンド・バトントワーリング協会 設立総会
九州マーチングバンド・バトントワーリング協会 設立総会
7月 旧九州連盟と指導者協会九州支部の両組織、合併(2年間、ユニオン方式で実施)
新組織検討委員会設置
2007年
(平成19年)
  実質的に九州M&B協会(日本M&B協会九州支部)稼動
2009年
(平成21年)
5月 第11回全九州カラーガーズ・パーカッション・バトンチームコンテスト(宗像ユリックス)
10月 第37回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会九州予選
11月 第14回全九州バトンフェスティバル・マーチングイン九州(北九州市立総合体育館)